再審法改正をめざす市民の会 会則 
 
第1条 名 称
 本会の名称は「再審法改正をめざす市民の会」とする。
 再審法とは、刑事訴訟法第4編、刑事訴訟規則第5編および関連する法規を指す。
 
第2条 目 的
 本会は、冤罪者を救済するための再審のルール作りを目的とする。
 
第3条 活 動
1.前条の目的を達成するため、以下3項目の法制化を、当面の中心的活動課題とする。
①再審のためのすべての証拠の開示。
②検察官の不服申立ての禁止。
③再審における手続きの整備。
 
2.本会は、第2条の目的および前項の中心的活動課題を達成するため、市民、法曹、政治家、各種分野の専門家などの幅広い連帯と協力、信頼に立脚した、世論喚起や、立法府への働きかけその他、必要な活動を創意を凝らして展開する。
 
第4条 会 員
 本会の目的と活動に賛同し、入会金(一口1,000円)を支払う者は、会員となることができる。
 
第5条 運 営
1.会の運動方針の実現に責任をもつ執行機関として、会員によって構成される運営委員会を設置する。
2.運営委員会は、互選によりそれぞれ数名の共同代表および事務局担当委員を選出する。
3.事務局担当運営委員は、会の日常的運営を担当し、そのために必要に応じて会員の中から事務局員を選任することができる。
 
第6条 財 政
1.本会の財政は、入会金及び寄附金等でまかなう。
2.会の目的に沿った経済活動(物品・資料等の販売など)を行うことができる。
 
第7条 附 則
1.本会則は、2019年5月20日の結成集会において承認を得て、効力を有するものとなる。
2.本会則の改正、変更は、運営委員会で所定の手続きを経て行う。
3.本会は東京都内に所在地をおくものとする。