講師:井戸謙一弁護士(湖東記念病院事件再審主任弁護人)

聞き手:鴨志田祐美弁護士(大崎事件再審弁護団事務局長)

 

コロナ禍の影響が広範囲かつ長期にわたっており、集会などが従来通りもてない状況下ですが、再審法を改正して冤罪からの救済をすすめる運動はますます緊要なものがあります。本会では、インターネットの動画配信を通じて、WEBセミナーを企画しました。どなたでもご参加可能で、メッセージを送って講師に質問することも可能です。

 

第一回のテーマは、3月31日、再審無罪判決を勝ち取った湖東記念病院事件です。大西直樹裁判長が「この裁判は、刑事司法全体のあり方に問題提起をしている」と説諭したことでも反響を呼びました。この事件を勝利に導いた弁護団の井戸主任弁護人からお話を聞きます。聞き手は大崎事件再審をたたかう鴨志田弁護士です。YouTubeによるライブ配信ですので、インターネットにつながったパソコン、スマートフォン、タブレット端末で、以下のURLにアクセスすれば、リアルタイム視聴できます。

 

配信:6月13日(土)午後2時(3時15分終了予定)

https://bit.ly/2BF2Cjp

※一覧から左上の「ライブ」の画像をクリックしてください

◆お知らせとお願い
当会では、新型コロナウィルス感染の抑制のため、活動の中での接触機会を極力減らすべく、会議のオンライン化などに努めています。それに伴い、当会へのご連絡は、極力電子メールにていただきたく、ご協力お願い致します。郵便物、ファックスなどの場合は、お返事が遅れる場合がございます。悪しからずご了承ください。 連絡先:info@rain-saishin.org

【集会延期のお知らせ】
国内外で広がっている新型コロナウイルスの感染症をめぐる現状を踏まえ、感染拡大防止と参加者の安全確保のため、下記の集会の開催を延期します。
あらたな開催日程が決まりしだい、追ってお知らせします。

4.6 第2回院内学習会 「湖東記念病院事件の教訓を学ぶ」
5.20 再審のルールを作ろう!市民集会


=============================================

無実の人を誤判から救うという、本来の理念にふさわしい再審制度に変えようと、「再審法改正をめざす市民の会」が5月20日、衆議院第二議員会館において結成集会をひらき、発足しました。今後、再審をもとめる各事件の支援運動と結びつき、日弁連などと連携しながら、法改正の実現に向けたとりくみをおこないます。

再審法改正をめざす市民の会は、運営に関わる費用のすべてを会員の入会金と募金でまかなっています。冤罪者を救済するための再審法改正の実現のために、入会して運動の担い手となっていただくことをお待ちしております。